フォト
無料ブログはココログ

« 0 か1 か?低脳コンピューターおーにっちゃん | トップページ | 某アイドルさんへ »

2017年12月27日 (水)

これからアイドルを目指す君たちへ。岩田華怜さんの例からストーカーの対処を学ぼう

※現在この記事は当ブログアクセス数ナンバーワンの記事であり検索からのアクセスが多いです。やはりアイドルとストーカーに関する関心が高いようです。以下の情報が社会に役立てば幸いです。2018.5.10追記

※この記事は社会的に意義があると考え関係者を実名で執筆します。(検索すれば数多くヒットするので匿名にしておく意味が無いといえば無いのですが)

※この記事ではとあるストーカーの実例をまとめます。ストーカーに出会った際の対処の参考にしてください。

※ストーカーの大西秀宜(おおにしひでのぶ)は1975年生まれ。2017年現在では42歳。ラジオパーソナリティを務めるトムセン陽子さんは大西秀宜の親戚にあたります。




◆第一章・元AKB48岩田華怜さんとストーカー大西秀宜

岩田華怜(ホリプロ)さんはAKB時代にストーカーの大西秀宜と出会ってしまいました。それは2011年8月の事。

AKBといえば握手会商法と呼ばれる接触型ビジネスモデルで急伸したアイドルグループ。にちゃんねる創始者ひろゆき氏が脳学者と対談していた際に「頭が弱い人を相手にしている」と語った事がありましたが全ての人ではないにせよ、大西秀宜を始めとした社会から浮いている精神異常者が会場内に入ったりアイドルと接触する事が容易でした。岩田華怜さんは当時未成年でしたから両親の同意があって加入したとはいえ、精神異常者に付き纏われるリスクを覚悟していなかったという事はないはずです。AKBという栄光と引き換えに精神異常者に一生付き纏われるかもしれない。それは岩田華怜さんに限らずにアイドルという仕事に就くという事は栄光もリスクもあるとの自覚を持つべきでしょう。ストーカーされるだけでなく凶器で襲われる事件が実際に起きています。そしてAKB48に対して世間の評価は必ずしも好意的なものばかりではありません。ですからこの一連のストーキングについても一方的な被害者であるのか?という声が少なからず上がってしまっております。

 話しを戻します。大西秀宜は岩田華怜さんに並ならぬ興味を持ちました。その後握手会に現れて空気を読めずに迷惑行為をされたり大量のセクハラファンレターを渡され続けました。握手会で求婚されそれを拒絶したのが2013年11月。それから間もなく大西秀宜がAKB運営に対し訴訟を起こします。求婚を拒絶させたのは運営であり仲良くなったメンバーと別れさせてまた別のメンバーに推し変させる悪質なビジネスモデルを訴えると主張するも当然敗訴。ネットでは大きな話題になりました。訴訟の訴状内で彼女は私に対して恋愛感情を持っているなど主張し、本当に恥ずかしいと思った事でしょう。AKBの栄光にはリスクが付きまとう事だと自他に知らしめる事になりました。

 その後新幹線内でストーキングされるなど様々な事がありAKB48を卒業。公式発表としては自分の意志で卒業したとの事ですが新幹線ストーキングは関係者を巻き込んだ大きな事件になってしまいました。責任を問われたという事は無いでしょうが同僚に迷惑を掛けてしまい居づらい空気になってしまったのではないでしょうか。ストーキング被害が卒業を早めてしまったと言えるかもしれません。

2017年4月28日に岩田華怜さんの告訴によりストーカー規制法の警告が行われました。AKB劇場でロビー観覧しているところをストーカー対策室に声を掛けられ万世橋警察署に連行されビデオ撮影されながら警告書を渡されましたが・・・・・大西秀宜はその警告書は日本政府や警察の陰謀であり、岩田華怜は私に恋愛感情があると断言し、その警告書をネット上で度々公開して自慢しています。

 警告書を渡され数か月過ぎましたが岩田華怜さんの名前を挙げてお互いに恋愛感情があるとか、エ×い体をしているとか、あきらかにストーカー発言を繰り返しているのに逮捕されません。

 もしも大西秀宜にストーカーされたら?アイドルにより対応が異なるでしょうがここまで長引かせているのはストーカー側だけに問題があるとは言い切れません。大西秀宜と岩田華怜さんとの関係性があってここまで長引いていると思われます。大西秀宜にとってストーカー行為をある程度許容してくれる岩田華怜さんは最高のターゲットなのかもしれません。

警告の次は禁止令を出せますし希望すれば逮捕もできる状況ですが岩田華怜さんはもう沈黙したままです。その後一度だけ公式ブログで大西秀宜について触れましたがストーカー規制法を岩田さん本人が理解できていないように推察されました。大西秀宜は迷惑者ですがその被害者である岩田華怜さんがある程度のストーキングを許容し関係を引き延ばしているようにも見えなくはないのです。中途半端な拒絶で状況をより悪化させているように見受けられます。ファンに対し「一緒に耐えて」というコメントもありましたがストーカーされ易い隙とか気質が無いとは言い切れません。耐えなきゃいけないものという理解をされておりますが、耐える必要がなぜあるのか?それについてのコメントはありませんでした。
 大西秀宜が異常者である事は変わりませんがここまで長年ストーキングされているのは岩田華怜さんの対応がベストではない事も考えられます。そこは学ぶべきポイントになるでしょう。

 

◆第二章・大西秀宜とは?

Hidebuchoukimoi


彼はネット上に動画像やテキストを大量に投稿しているのですが、それらを見た多くの一般人が彼をアスペルガー症候群では?と指摘しています。数字が大好き。他人と自分の考えに境界がなく自分が好きであれば相手も好きであると考えてしまったり、健常な脳の人が思いつかないような支離滅裂な世界で生きておりそもそも単語の理解が不思議だったりと会話が通じません。アスペルガーの傾向ですが記憶を都合良く繋ぎ合わせてしまい自分にとって都合よく現実を歪めて理解する特性があります。周囲から見ればものすごいウソツキなのですが本人はそれが事実のように振る舞い生きていきます。

 だらしない。失くし物忘れ物多い。遅刻する。お金を破産するまで使う、脳に浮かんだ言葉をそのままズケズケと言葉にするので常に他人とトラブルを起こす。寝小便をするなどADHDもあると思われます。中年期以降に症状が悪化する事もあると指摘されている発達障害ですが大西秀宜の場合は2011年の休職明け以降に極端に悪化したように見受けられます。


これも大きなポイントですが彼の回想から察するに父親も情緒に障害があると思われますが妻を事ある毎に口汚く罵るなど女性と上手に接する事が出来ないでモラハラやDVで支配するような男性でした(大西ブログにて父から母へのDVエピソードが度々披露される)。
 母親の家系には統合失調症で亡くなった人がいるとの事でおそらくは自死という形で最期を迎えたのでしょうが精神疾患が多い家系なのかもしれません。そして母親も全く空気が読めていない様子が手紙から分かっており、本来慎重に療育されるべきところ常識的な教育が為されないで育った結果、大西秀宜は女性を性の捌け口の対象としか思っていなく罵って精神コントロールするものであると強く思い込んでしまっている様子が日々の言動から読み取れます。

 彼は42歳になった今でも
そんな父親を尊敬し誇りに思っていると度々語ります。父親が妻へのDVとモラハラを子である大西秀宜に見せつけていた結果それが正しい事のように刷り込まれてしまったのでしょう。
 母親に対しては今でも罵りナイフで刺すとか首を切断し市役所の前に置いてやるなど著しく乱暴な言葉をネットに投稿します(岩田華怜さんの母親の菅原美話さんに対して殺害を仄めかし刑事さんにアパート前で捕まり叱られた事がありました)。本来DVやモラハラをする父親こそを非難すべきなのに父を尊敬し母親を著しく罵ります。父親のDVやモラハラ気質を正しいものと刷り込まれ完全に受け継いでしまったのです。それゆえネット上で岩田華怜さんに対し命令する口調の投稿が多いのでしょう。セックスしたいなどの性的対象としての投稿か、指導という名の中傷をする投稿しかありません。


 アスペルガーでも療育が良いものであれば社会生活をそれなりに送る事ができますが彼の場合はむしろ劣悪な環境で育てられてしまったので、いつしか著しく
反社会的な大変厄介なストーカーになってしまったのです。

さらにです。このサイト内の記事にありますが彼は覚せい剤(リタリン)を気絶するほどの量を摂取し中毒や依存症になっていた過去があります。若い頃にそんな事をしておりますから脳が物理的に壊れています。

先天性の発達障害(早産未熟児)+モラハラDV家庭+覚せい剤で脳組織破壊というありえないくらい脳が壊れているのです。覚せい剤を乱用していた時期は少なくとも二度ありますが二度目の乱用以降は統合失調症性の妄想が現れてしまい、粗暴な性格になりそこからストーカー化しております。(アスペルガーと統合失調症性妄想障害は併発しやすいと言われている。ただし大西秀宜は統合失調症と診断されてもおかしくない精神状態にある)

 一方的に訳の分からない猥褻な言葉や乱暴な言葉を投げつけてきて、被害者側がどんなに冷静に一生懸命に常識的に説得しても通じません。なぜなら大西秀宜は健康な精神状態というものをこれまでの人生でたったの1秒すらも体験した事がないのです。常識など理解できる訳がないのです。精神異常な世界こそが通常の世界だと強く思い込んでしまっています。

 

◆第三章・精神科系の職業の人に聞いてみた

 僕がプライベートで出会った精神科のドクターに大西秀宜は今後ストーカーを止めるか?聞きました。それは答える事はできないが、もしもほぼ同じ人物がいたら?あくまでも個人的な推理でしかないけれどもという前提でこんな事を聞くことができました。

「おそらく・・・・もしも・・・・・アイドルの方が先になんらかの理由で夭折したとすると・・・・彼はお墓でタイミングを見計らい遺骨を盗難するかもしれない」

「このまま無視してもそのようなストーカーは微妙な距離でジワジワとストーカーし続けるだろう。ストーカーが先に死ぬまで」

「定型的な脳の人間には想像できないような執着を持っている。遺骨を盗難されそのような形で一緒に居続けるのが嫌であれば先に死なないようにするしかない。」

 

 そんなショッキングなお話を聞いてしまいました。この話は岩田華怜さんと大西秀宜のお話ではなく、あくまでも全く同じような壊れ方をした人物と同じようなアイドルがいたら?という前提ですが・・・・・。そういえば・・・・海外のニュースですが、自死した女優(チェさん)の遺骨を盗難した犯人が逮捕された事件がありました。表向きは金銭の要求の為に行った事件として報道されましたが、それは変質的な強い執着があっからであろうと推理する人がいました。大西秀宜の異常で変質的な執着心があればやりかねませんね。生生しい話ですが盗難してきた遺骨に何をするか分かりません。執拗なストーカーは被害者が死ねば終わりという事はありません。というお話を聞きました。

 

◆第四章・今後の岩田華怜さんと大西秀宜から学ぼう

 過去の犯罪の事例に照らせば逮捕されたり刑務所に送られるレベルの精神障害ですが、ストーカー犯罪は岩田華怜さんの勇気が問われますが、岩田華怜さんの様子から察するにある程度のストーキングを許容しているので逮捕には至らないように見受けられます。

岩田華怜さんのファンさんがネット上で大西秀宜から守ったら逆恨みしてそのファンさんの個人情報をネットに公開した事が2017年の12月にありました。

 ファンの人たちの我慢もどこまで続くのか?ファンの人達や周囲にいる人達にまで迷惑を掛ける最悪なストーカーですが岩田華怜さん自身がある程度の許容をしている以上、警察にもファンにも何もする事が出来ません。そして大西秀宜はそうなる事を待っていたのか?ますます岩田華怜さんの実名をネット上に出してストーキングの勢いが増しています。

 

大西秀宜のようなストーカーに出会ったらどうなるのか?どのように対抗するのか?現時点ではベストな答えは出ていません。

しかし言える事は、ある程度の許容はすなわち大西秀宜に居場所を与えてしまっているのが事実と言えるのではないでしょうか。

 

 ある程度の許容をしてしまえばどちらかが命絶えるまでストーキングするだろうなという気はしております。そして精神異常な大西秀宜のほうが長生きするような事があったら精神科のドクターが言うような事が事実として起こるかもしれないなと個人的に思います。

 これからアイドルになろうと考える皆さん各自で二人の今後をチェックし、もしも大西秀宜のようなタイプのストーカーに狙われた時にどうするべきか?参考にすると良いでしょう。彼は元AKB48の岩田華怜さんだけでなく、その他のAKBメンバーにも執着し、自分が全員を指導し慕われているとも妄想しております。彼のブログからどんな対策をすべきか?学ぶと良いでしょう。にちゃんねるなどでの関係ない人の投稿を岩田華怜さんからの私信と妄想し、妄想が大きくなっているようなのでまだまだストーキングし続ける事でしょう。勇気をもって訴えて逮捕を繰り返せば大西秀宜は小心者なので大人しくなりそうな気がしますが(大西のような精神障害の者はストレスに弱い。何度も刑務所に入れば完全に諦めるのは無理でも大人しくなるもの)・・・・岩田華怜さんは大西秀宜のストーキングを事実上許容してしまったので、すると許容している行為はストーカー行為とは言えないので、我々からみれば立派なストーカーなのですが熱心なファンの一人という事になってしまうのでしょう・・・・・

岩田華怜さんといえば鼻の整形疑惑が持ち上がった際に、岩田さん本人による弁明に対し有名整形外科医からツッコミを入れられた事件を始めネガティブなニュースが多いのは事実です。どうしてもポジティブな印象が持ちづらいキャラクターというポジションが固定化してしまいました。しかも大西秀宜を放置して何をやっているんだ?という苛立ちが岩田華怜さんにも向き始めておりますしストーカー対策を誤り長引かせ続けると芸能人にとってもっとも大切な「印象」が最悪なものになってしまいます。少なくとも大手メーカーの新製品のCMキャラクターを務めるような事はありえなくなります。岩田華怜さんの顔を見てどういう印象を思い浮かべるか?どうしても大西秀宜の顔やストーカーという言葉が脳裏に浮かんでしまいます。本来なら明るい印象や元気をもらえる、可愛いという印象を持たれたいところですが・・・・・・ストーカー被害が長引きそれで有名になってしまうとそのような負の連鎖が始まってしまうという事でしょう。

 事実上大西秀宜の勝利という事でしょうか。マイペースにストーキングし続ける事を黙認してくれているのですから。彼にすればそのように岩田華怜さんの心の中に居場所を作らせたことに成功した訳です。彼にすれば今の状況は居心地が悪い事は無いでしょう。中途半端な拒絶は大西秀宜をより増長させているように見受けられます。


 ちなみにタレントの森泉さんもネットからのストーカーに悩んでおりましたが断固たる対応をしストーカーは逮捕されております。そのストーカーはまた逮捕されているかもしれません。その者はブログの更新が途絶えたままで現在消息不明です。


大西秀宜はネット上で「おーにっちゃん」と名のっております。

大西秀宜は岩田華怜さんの事を伊達娘と呼ぶことが多いです。

大西秀宜のブログ

http://onicchan.cocolog-nifty.com/

 

大西秀宜のツイッター

https://twitter.com/kthid

大西秀宜が怖い?・・・・他人事ではありません。もしも岩田華怜さんサイドの戦術が大西秀宜をスルーし続ければ他に行くであろうと考えているのであれば・・・・・大西秀宜の次のターゲットはあなたになる可能性があるのです。

他人事ではないのです。みんなで考える問題なのです。

最後になりますがドクターから聞いた事をもう少しここに残しておきます。「彼ほどのレベルの人が何かに強い執着を覚えてしまったらその執着は一生涯続く。」

「遺骨を何に使うか?食べて一体化しようとするでしょう」「宮崎勤元死刑囚は現在ではアスペルガーであった可能性が指摘されていますが彼は大好きだった祖父の遺骨を口に含んでいた事を告白していましたね。それと被害者の遺骨を保管しておいたなどそれに対し執着をもっていましたね」「言葉で説得して理解してくれたら医療従事者は大変助かるものですが・・・・」

との事です・・・・・・・。生きているうちに決着をつけるのが良いのか。逃げ続けるのが良いのか。どちらなのでしょうか・・・・・・。遺骨を食べて一体化・・・・ストーカーにとってはそれをもって勝利なのでしょうか・・・・大西秀宜の父親は不治の病にある事が分かっております。もしも父が亡くなったら大西秀宜は尊敬する父の遺骨を食べるかもしれません。その辺もチェックすると良いでしょう。尊敬するDVモラハラ父を体内に取り入れ同化しようとするかもしれません。もしも母親が亡くなれば母の遺骨を粗大ゴミに出すなどするでしょう。するとストーカー対象の家族の方のお墓などは注意を払う必要があるでしょう。

大西秀宜のストーカー歴はこちら



なおこの記事は大西秀宜が逮捕されるような事があればまずは削除し再考します。

最後に。これは間違いなく言える事ですが、アイドル稼業はストーカー被害に遭うリスクが大変高くなります。それは避ける事が出来ないところで運次第です。ストーカー被害に遭って当然だと理解しておくべき。そして実際にストーカー被害に遭ったらあなたの対応次第で状況が変わるという事です。変に煽って刺傷される事もあり得れば無事に解決という事もありえますし中途半端な対応をして長年付き纏われる事もありえるという事です。

もしもあなたが大西秀宜にストーキングされたらどうしますか?その視点で考えてみましょう。


« 0 か1 か?低脳コンピューターおーにっちゃん | トップページ | 某アイドルさんへ »

心と体」カテゴリの記事

最近のトラックバック