フォト
無料ブログはココログ

« おーにっちゃん辞典のコメント移設先 | トップページ | ヒデブは鍵穴さんと相思相愛!? »

2017年5月26日 (金)

おーにっちゃんの病因 その2

最終更新日 2017.05.27 第2校

大西秀宜(以降おーにっちゃん)の本人の言動から、病因に迫るシリーズ第二回目。

 

彼は統合失調症説が根強いですが、今回の記事では統合失調症説を覆す事になります。

 

今回の記事と、前回の記事「おーにっちゃん自閉症スペクトラム(アスペルガー+注意欠陥多動性障害)説を合わせると、彼の精神を大凡把握できるでしょう。


 

★まずは彼の妄想を振り返る

彼は荒唐無稽な妄想を恥ずかしげもなく公言するので、統合失調症説が根強い訳ですが、ネット界で有名な統合失調症疾患者とは趣が異なります。それは皆さんも気づいている事かと思います。安●徳さん、大石●巳氏らとは妄想の質が異なります。

 

では、これまでの、おーにっちゃんの主な妄想を整理整頓してみましょう。

 

1・私は数千年に一人の天才である。カエサルの生まれ変わり

2・私は有能過ぎて国を脅かす存在。ゆえ警察組織や日本政府に恐れられている

3・私はAKB48の実質的なプロデューサーである

4・私は有能過ぎて職場でイジメに遭い出世できなかった

5・私は有能過ぎて目立ってしまい懲戒解雇という陰謀に遭った

6・私は有能過ぎてしまい、政府工作員がブログにイタズラをしてくる

7・私は有能過ぎてしまい、政府工作員がキチガイであると印象操作をする

8・私は体力、精神力、自己制御力などが圧倒的に優れている

9・私はよき指導者としてAKB48の皆に愛されている

10・私は各界の有名人に感謝されている

11・私は元AKB48の某アイドルに愛されている

12・私が成功しないのは、政府工作員らに常に邪魔をされるからだ

13・私は自分をブサイクだと思うが自信に溢れた顔はカッコエエと思う

14・私はいずれ日本の権力を掌握する

15・私の成功を恐れた裁判所は無理やり敗訴させてきた

16・私のブログは各界著名人が訪れ参考にされている

17・私の生き方は映画やドラマなどのストーリーとして参考にされている。

 

おーにっちゃんが常々述べている妄想をまとめてみました。様々な組織が絡んでいるし、支離滅裂に聞こえますが、これらハチャメチャな妄想には一貫している事がありますよね。

 

一貫している事。それは何でしょうか?

 

お分かりでしょうか?

 

それは・・・・・

 

各妄想の前提には、病的なまでに誇大化した自己イメージがあるのです。

 

私は天才、私は有能過ぎて日本政府らが恐れている。私は有能なのでアイドルと相思相愛になった・・・・・・

現実世界のおーにっちゃんは、薄毛で、貧弱な肉体で、ドモりで、精神病で、自己破産で、懲戒解雇歴多数で、運動苦手で、不器用で、(以降略)、というような負のロイヤルストレートフラッシュ、負の役満、まさに八方破れなスペックです。とても自信を持てるものではありません。

しかし、おーにっちゃんは、現実世界とは真逆の、病的なまでの誇大化した自己イメージを妄想して生きております。

彼のブログ記事を開けば、自分の素晴らしさを説く言葉が溢れています。朝から晩まで春夏秋冬、飽きもせずに自分の素晴らしさを説いております。

 

コメント欄を見ると、そんな彼に同意する人はいなく、時には死ね!などと書き込まれていますが意に介しません。彼はそんな中傷書き込みすら「ワタシは天才なので危険視した公安が印象操作の為に書き込んでくるのだろう」と、誇大化させた自己イメージを維持する燃料にしてしまいます。

 

ハゲ!と言えば、私はハゲ以外は完璧だ。だからその一点を突いているのだろう。だがしかし、あの、天才のカエサルはハゲだった。生まれ変わりの証拠やなあ!と、それも燃料にしてしまいます。無敵の脳内保護回路でもあります。

 

そのような、病的なまでの自己愛は自己愛性人格障害と診断されます。

 

★そもそも自己愛性人格障害とは?

※最新の呼称は自己愛性パーソナリティ障害ですが、自己愛性人格障害の方が一般的な為に当ブログでは後者で表記します。

 

→ウィキペディアより引用します。

概要「自己愛性パーソナリティ障害とは、ありのままの自分を愛することができず、自分は優れていて素晴らしく特別で偉大な存在でなければならないと思い込むパーソナリティ障害の一類型である」

 

DSM-4による診断の定義(精神疾患の診断・統計マニュアル第4版)

誇大性(空想または行動における)、賛美されたい欲求、共感の欠如の広範な様式で、成人期早期までに始まり、種々の状況で明らかになる。以下のうち5(またはそれ以上)によって示される。

 

【1】自分が重要であるという誇大な感覚(例:業績や才能を誇張する、十分な業績がないにもかかわらず優れていると認められることを期待する)

 

【2】限りない成功、権力、才気、美しさ、あるいは理想的な愛の空想にとらわれている。

 

【3】自分が “特別” であり、独特であり、他の特別なまたは地位の高い人達(または団体)だけが理解しうる、または関係があるべきだ、と信じている。

 

【4】過剰な賛美を求める。

 

【5】特権意識(つまり、特別有利な取り計らい、または自分が期待すれば相手が自動的に従うことを理由もなく期待する)

 

【6】対人関係で相手を不当に利用する(すなわち、自分自身の目的を達成するために他人を利用する)。

 

【7】共感の欠如:他人の気持ちおよび欲求を認識しようとしない、またはそれに気づこうとしない。

 

【8】しばしば他人に嫉妬する、または他人が自分に嫉妬していると思い込む。

 

【9】尊大で傲慢な行動、または態度

 

 以上の5つ以上が当てはまると自己愛性人格障害と診断されます。おーにっちゃんの場合は9つの判定基準のうち9つとも合致してしまいますね・・・

 

精神科の先生により、どのマニュアルを用いるか?異なりますがDSM-4及び5は一般的に利用されているものです。すなわち精神鑑定が行われれば、自閉症スペクトラム(アスぺルガー+注意欠陥多動性障害)と、自己愛性人格障害の診断が下されると思われます。

 

★自己愛性人格障害。それが彼のトラブルの要因

自己愛性人格障害は、主には人間関係の構築で害をなします。

 

過剰な自己イメージを持ち、過剰な承認や賞賛を求めますから、周囲の人たちと衝突してしまいます。さらには、自分の成功のためには他人を利用しても構わないという尊大で傲慢な行動や態度をとってしまいますから、いずれはコミュニティを叩き出されてしまいます。

 

おーにっちゃんで例えれば、ブログを始めれば、終始自分の素晴らしさを説き、他人に承認や賞賛を求めます。コメント欄は荒れてしまいます。

 

AKB48の握手会に行けば、本来はアイドルを応援しに行ったはずなのに、自分を承認させよう、賞賛させようとしてトラブルを起こしてしまいます。

 

中核派の労働組合に加盟したけれども、下っ端として働くつもりはなく、共闘などと言い始め、最初から幹部扱いにしろという態度であり、承認と称賛を求めていたら、いつの間にか居場所が無くなり疎遠になってしまいました。

 

ストーカー規制法による警告書に警視総監の印鑑があれば、それは極めて当たり前なしきたりなのに、私は警視総監直々に恐れられている大物なのだ!と主張します。

 

にちゃんねるのスレッドに、秋元康氏やAKB48のアイドルを装った書き込みがあれば、私へのメッセージだ!秋元康氏やアイドルに賞賛された!と浮かれて書き込みを保存しておき、自慢話の種にしたりブログにてドヤ顔で公開し、白い目で見られてしまいます。

 

どんな出来事でも、自分への承認や賞賛だと大喜びし、これみよがしに他人に吹聴し、バカじゃないの?と指摘されれば、烈火の如く怒り、血眼になって反論します。

 

自閉症スペクトラム(アスペルガー+注意欠陥多動性障害)だけでも、社会生活に害を為しますが、その障害は、上手に付き合えば社会生活を送る事ができます。結婚している方も少なくはありません。

 

しかし、おーにっちゃんが社会で悪目立ちしてしまうのは、自己愛性人格障害による社会との衝突と、自閉症スペクトラムによる社会との衝突の、二本立ての障害が発生しているからです。

 

自閉症スペクトラムゆえ、元から社会の中で衝突し易い訳ですが、いざ衝突すれば自己愛性人格障害も発動し、周囲の人を激しく苛立てます。当然に敵しかいなくなります。

 

社内でSNSを始めれば、自閉症スペクトラムにより、仕事を忘れて趣味の話を連投してしまいます。周囲から注意される事になりますが、そこで自己愛性人格障害が発動し、自分を承認しないどころかバカにした!コケにした!と烈火の如く血眼になって反撃します。その事件も、自閉症スペクトラムと自己愛性人格障害の複合で起きたと言えるでしょう。

 

実際は無能な中年男性が、病的なまでに自己イメージを誇大化してしまい、有能者と承認させようとし賞賛を求めるのですから、周囲からフルボッコに遭うのです。さらに彼は自閉症スペクトラムゆえ荒唐無稽で支離滅裂な自己弁護を延々とするのです。

 

さて。これで、彼がなぜあんなにウザい性格なのか?ご理解いただけたのではないでしょうか?

 

 

※躁病でも、自己愛性人格障害のような精神状態になります。おーにっちゃんの躁うつ病の誤診はその辺に理由があったのかもしれません。

 

 

★自閉症スペクトラムと自己愛性人格障害。今振り返れば・・・

日立製作所時代、彼は度々鬱状態になっておりましたが、彼の過去の回想から何を悩んでいたのか?探ってみると、数千年に一人の天才が、上司らに妬かれてイジメに遭い、出世できずにいた。自分程の天才がそんな目に遭い可哀そうであると振り返っております。

仕事が出来なく会社や同僚に迷惑を掛けてしまったと悩んで鬱になるのではないのです。自分が可愛そうだという理由で鬱になっていたのです。

 

自閉症スペクトラムだけであれば、上司の言う事に逆らわずにおとなしくしていれば日立製作所で定年退職まで持ち堪えたでしょう。ごめんなさいと一言謝罪すれば済んだ事を、自己愛性ゆえ謝罪する事なく、プライドを傷つけられたと激昂してしまい、結果として懲戒解雇になってしまいました。

 

AKB48運営会社を相手に謎の訴訟を起こしました。握手会で自ら迷惑行為を行い拒否されて激昂した事から始まりました。今振り返れば、自己愛性人格障害ゆえ、プライドを傷つけられた事を我慢できなかったのでしょう。自分が可愛そうだ!と怒り狂い、某アイドルの事を顧みる事はありませんでした。

敗訴となれば、病的なまでの自己愛性人格障害と自閉症スペクトラムゆえ、敗訴させられたと現実を歪めてしまいます。

 

さきほども語った事ですが、自閉症スペクトラムでも社会でそれなりに活躍している方は少なくはありません。しかし、おーにっちゃんが社会不適合者といわれる所以は、自己愛性人格障害が要因であると言えます。

 

おーにっちゃんがネット上で悪目立ちするのは、誇大化した自己イメージを、尊大で傲慢な態度で、他人に承認や賞賛させようと必死になるからです。

 

おーにっちゃんがAKB48の各現場で悪目立ちするのは、誇大化した自己イメージを、尊大で傲慢な態度で、アイドルや関係者、ファンらに承認や賞賛をさせようと必死になるからです。

 

それに加えて、自閉症スペクトラムなので、想像力に障害があり、空気が読めなく、相手の気持ちが理解できなく、衝動性がありカッとなり易い為、話が混乱してしまうのです。

 

並はずれた自己愛性人格障害に、重度の自閉症スペクトラムが加わると、まさに、大西秀宜が形成されるのです。

 

 

★思考実験。もしもこんな人がいたら?

おーにっちゃんから話を変え、架空の人物を想像して思考実験してみましょう。

 

禿頭。低身長で、短足で頭が異様に大きい奇形体系。口臭、体臭、気持ち悪い薄ら笑い。ドモり。懲戒解雇になる事多々。そんな中年男性がいたとしましょう。

 

さらに、空気が読めない、相手の心を理解できない。衝動的、注意力散漫。その中年男性は自閉症スペクトラムだったとしましょう。

 

そしてさらに、その中年男性は並外れた自己愛性人格障害であり、自らを、数千年に一人の天才でイケメン。惚れない女はいないだろう。と妄想しています。

 

さて・・・・・・・

 

そんな中年男性が、アイドルの握手会に参加すればどうなるのか?思考実験してみましょう。場所は秋葉原の某カラアゲ屋さん。お店のPRの為にアイドルグループを立ち上げました。AGBK48の握手会です。

 

 

「よお!ワタシの事どう思う?イケメンやろ?こうみえて阪大院卒やろがw」

 

「あ・・・・・はい・・・・・・・・(ドンビキ)」

 

「今、はい!って言ったな!そうや!!ワタシはイケメンで天才や!!」

 

「・・・・・・・」

 

「あ!あのさあ、ワタシさあ、大仁田って言うんやけど、あだ名つけてよ!」

 

「お・・大仁田さん?・・・じゃあ・・・おーにっちゃん?(早く帰れよw)」

 

「おー! おーにっちゃんかー!気に入った!またくるな!」

 

 

中年男性は家に帰宅しブログを公開しました。

201×年×月×日

 

ブログ記事タイトル

「塩味娘にホレられましたw」

 

ブログ本文

「今日はAGBK48の握手会に行ったんだけどさあ、塩味娘がワタシの事、天才でイケメンって言ってくれたんやけどwwwワタシそんなにイケメンか?まあ本当だから仕方ないよなあw他のヲタは言われた事ないやろw

 

それであだ名まで付けてくれたんや。大仁田だからおーにっちゃん!ふつうアイドルがあだ名を付けてくれる事なんてないやろ?w塩味娘はきっとワタシに恋愛感情持ってるやろなあ?wwwまあ、天才でイケメンやから当然やろなあ?w

 

よーし!ワタシを認める塩味娘を可愛がったろ。ファンレター書いたろ。いっぱい言いたい事あるからA4用紙10枚でも足りないくらいやな。そんな長文ファンレター貰った事ないやろ?ワタシなら長文ファンレター貰ったら嬉しくて夜眠れないやろなあw

 

そうや!塩味娘の事考えてオナニーしとる!って言うたら感激のあまり興奮して眠れなくなっちゃうとちゃうか?w愛してる!っていうのと同じくらい意味がある言葉だよなあwさすがに愛してるってのは言い過ぎかもやけど、オナニーしてる!っていうのは言い易いもんなあwいろいろ言いたい事いっぱい沸いてくるよなあw

 

次の握手会に行ったら結婚して!って求婚したろwきっと喜ぶやろなあwうれし泣きするとちゃうか?スーツ着て行ったろwあ、そうそう、運営にも手紙書いて行かないとアカンよなあ?w私のセルフプロデュース力は有名人の間でも噂やねんw 

 

ほなね。」

 

 

 

 

ええ・・・・・・。こんな展開になりますとも・・・・・・w

 

 

 

 

次のブログ更新はどんな内容でしょうか?

201×年×月×日

ブログ記事タイトル

「塩味娘にフラれましたw」

 

ブログ記事本文

「塩味娘に久々に会ったので、思い切って「お約束だけど言うわ。8年後か10年後か分からないけど、結婚してください!」って言ったら、「そういうのやめてください。迷惑なので」って言いよるねん。それでワタシ警備員に追い出されてもうた。その後に塩味娘が号泣したらしいねん。

 

てか、あだ名付けてくれたしイケメンって言ってくれてたんや。求婚を嫌がるはずないよなあ?けどよく考えたらAGBK48は恋愛禁止のアイドルだったんや。ここで結婚させたら事務所は喰うていくのに困るよなあ?

 

そうや!塩味娘はプロポーズを拒否するように事務所から言われてたんや!それで悲しくて号泣したんや!イケメンで天才のワタシをフる事は絶対にないやろが!!

 

事務所は未成年の意志に介入する未成年強要やないか!!よーし!塩味娘の為に訴訟起こしたろ!!!万世橋警察に言いつけにいったろ!ワタシがこんなに抵抗したら塩味娘は喜ぶやろなあwこんなに天才でイケメンの私に愛されてる!って喜んでまた号泣するとちゃうか?w裁判の時に証人として読んで裁判官の前で、おーにっちゃんの事が好きです!って言うてもらわなアカンなあwバルス以上の破壊力やろなあw勝訴確定やなあw

 

ほなね。」

 

 

 

 

ええ・・・・・・・さらにこうなりますとも・・・・・・w

 

 

 

 

そして数年後に極左団体に加入し、あまりにもウザい性格なので追い出されるところまで想像できますw

 

以上で、もしも自己愛性人格障害と自閉症スペクトラムの中年男性が握手会へ行ったら?思考実験を終わります。

 

 

★おわりに。彼は自己愛性人格障害ゆえ・・・・・

ここまで人生において大きな失敗をしていれば、さすがに自閉症スペクトラムの病識を持てるでしょうが、並外れたレベルの自己愛性人格障害があり、自分の精神障害を受け入れる事は絶対に無いでしょう。

 

彼は、並はずれた自己愛性人格障害と、自閉症スペクトラム(アスペルガー+注意欠陥多動性障害)であり、社会で悪目立ちしているのです。(言い切ります)

 

以上で、おーにっちゃんの病因 その2 自己愛性人格障害 を終わります。

その1とその2を読破すると、彼の一連の言動の理由をロジカルに理解できるかと思います。

 

大西秀宜は、にちゃんねる、ブログなどに400字詰め原稿用紙に換算し数万枚分の文字量を投稿したり、動画を公開したり、AKB劇場のロビ観に足繁く通っているのは、

スゴイです!天才です!と褒めて欲しくて行っているのです。

観劇の感想文も、激辛メニューを食べに行き完食を報告するのも、会社員時代に会議で出しゃばり発言するのも、勝手に約束してきてしまったのも、偉い!カッコいい!と褒めて欲しくて行っていたのです。

 

常軌を逸した承認欲求と称賛欲求に突き動かされる、自閉症スペクトラムの奇形オジサンというのが、大西秀宜の正体だったのです。

 

ブログから様々な妄想や話題を発信していますが、それら全ての記事の本質は同じで、承認してくれ!賛同してくれ!賞賛してくれ!というものです。結局は同じ事を形を変えて主張しているだけなのです。

Hidebutext001

 

★大変重要なことわり書き★

大西秀宜の人生はある時を境に激変しております。2011年8月の休職中にリタリンを処方されて以降、現在の承認欲求と称賛欲求が激しいエセ関西弁を用いる発狂キャラに変貌しました。

それ以前のキャラはmixi日記を主に知る事が出来ますが、オフ会などで大企業勤務を鼻にかけ空気が読めずに嫌味な奴だと思われていたようですが、ふつうに冴えない大企業勤務の中年男性でした。ことあるごとに一人で実家へ帰省しておりましたし完全に孤立していたという事はありません。(ADHDの影響か?衝動的に頻繁に海外旅行へ出かけ貯金は無かったようです)

 

今回のテーマ、自己愛性人格障害は、二度目の休職中のリタリン服用以降、急激に憎悪しました。それ以前は現在のキチガイキャラほどには酷くは無かった模様です。

 

リタリンは、彼の中の悪い部分を著しく憎悪させてしまったようです。2012年2月にリタリンの服用は止まっているそうですが・・・・・。

リタリンの服用を停止した後もキチガイキャラが継続しているのが最大の謎です。

 

そもそも処方が停止されたのは本当なのか?(ドイツ帰国後に実は処方されている?)などなど別の記事を立ち上げ考察の必要がありそうです。

 

« おーにっちゃん辞典のコメント移設先 | トップページ | ヒデブは鍵穴さんと相思相愛!? »

コメント

確かに自己愛は相当強いと思います
某牛乳屋のバイトの際好きな人の話になり某アイドルの名前を言ってその後ブログのエントリーで某アイドルとは別れると何故か更新するという事がありました
某牛乳屋で色々と言われその反動で自己を守る為にそういう行為に走ったと考えられます
本当の所は某アイドルが好きというより某アイドルが好きな自分が好きなだけなんでしょうね

彼の自己愛ハンパじゃないですよね

ガチのストーカーは相手に執着する
大西の場合のストーキングは相手との関係に執着するのが大きな違いか?
例えば舞台の後に「疲れたね、頑張ったね」と労った事はないし
一方的に感想なる駄文を浴びせている
某アイドルの事を追いかけ指導している自分に酔ってるね

相手の肉体には興味があるのだろうけど精神には興味ないね
彼の回想の中の母弘子と同じことをしていますね

こうやって根本的な病因を突き止めると、そんなに難しい事でもないんですね。

電波過ぎて何の病気なのか?首を傾げていました。彼の文章は目がスベってしまいしばらくブログをチェックしてません。

ワタシガー、ワタシガー、と自分アピールの事しか頭になくそこに発達障害が絡んでるイメージですかね。

全く賞賛や共感も無いのになぜ自画自賛ばかりするんだろう?と思ってたらそう言う事なんですね

小室哲哉
カリスマカンタロー
ジブリ関連
赤毛のアン
がんばっていきまっしょい
日立の現社長が大西を絶対とれ
自分がイケメンの自画自賛
等など

聞き飽きましたw

適切な治療を受けない精神病患者がどうなっていくかの
検体としては良いのかも。
こういった症例を元に精神衛生法が変われば良いのだが。

誰しも多少なりとも自己を愛するものであり、自分を守りたいと思うものです
しかし歳を重ね、責任や義務を負い、社会の一員としての自覚が芽生えるなかで、自分はこれでよいのか?もっと良い方法があるのでは?と自己を客観的に評価する意識が芽生えてきます
自分の行動→他者の反応や評価→行動や意識の改善 この繰り返しで人は成長していくものです
*は発達障害による他者の反応の認知が歪んでおり、そして強い自己愛故に行動や意識を変える事をしない
時に赤ん坊や幼児と揶揄されていますが、まさに人としての高次の精神面の成長が著しく遅れているのでしょう
客観的な視点が決定的に欠如しているのもまた、強い自己愛故にかもしれません
現実を見れば、傷つくこと必至ですからね

訴訟の件ですが、敗訴したとしても
東京以外の地裁に同じ訴状を
また送るとか、勝つまで何度でも
同じ訴状を出して闘いつづけると
息巻いていたのも、もしかすると
自己愛性人格障害に起因している
のではないか、と思う次第です。

もうストーカーで逮捕エンドが彼の為にいいんじゃ無いかと思えてきた

あんな人間の為に税金が使われるのは嫌だけど

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« おーにっちゃん辞典のコメント移設先 | トップページ | ヒデブは鍵穴さんと相思相愛!? »