フォト
無料ブログはココログ

« 大西秀宜の2013年。 | トップページ | 雑談掲示板♪おーにっちゃんを語ろう part 1 »

2017年3月17日 (金)

緊急公開:大西家と足立区の話

みなさんこんばんは。

 

管理人は大西ブログをひたすら掘り起こしています。

面白い記事を発見しました。

 

この記事の面白さを倍増させる為にこの話を。

 

今晩紹介するこの記事は、大西秀宜(おおにし ひでのぶ)がドイツ国から強制退去&帰国させられて江東区のホームレス支援施設に入居している時にアップされたものです。

彼はその後、その施設を無事卒業し、足立区のアパート「菅野ビル」に入居。しかし入居してすぐに試用期間中に解雇となり生活保護を受給する事になったので、菅野ビルの家賃などはほとんど自分で支払っていません。その後数年に渡り、それまで何の縁もなかった足立区に大迷惑を掛けた事は記憶に新しいです。

 

そして、足立区のアパートに入居後まもなく自己破産し、奨学金の返済は親戚に投げていました。

 

さて、そこまでの前提を踏まえて今晩紹介する記事

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/post-2640.html

記事のタイトル:父の兄・故・大西富士弥を評価する

 

内容を一部抜粋します。

私の実家の不幸の原因となった、一億円以上の賭博の借金を作り、
弟である博昭はじめ親戚に負わせて自分は東京の足立区まで夜逃げした、故・大西富士弥。
非道なヒトとして教えられてきました。

しかし私は、大西弘子を見るにつけ、大西博昭・弘子よりは大西富士弥のほうが立派であると
最近は評価しています。

もちろん、借金でヒトをどん底に突き落としたのは褒められた行為ではありません。

しかし、富士弥の子供2人は、借金に苦しむこともなく、結婚して幸せな家庭を築いています。
富士弥は間違った行為をし、夜逃げまでして、体裁などめちゃくちゃになったのですが、
家庭は守ったのです。

 

なんと!大西の父の兄も!!借金から逃れて足立区に逃げ込んでいたのです!!!大西家最低~!!!

しかもその富士弥さんも所持金ゼロに近い状態で足立区に転がりこんだのでしょうから、一度は生活保護を受給していたのでしょう・・・・。秀宜と同じじゃん!秀宜はこの記事を公開した時点では足立区に迷惑を掛ける事になるとは想像していなかったのでしょうが・・・・wまさか同じような事をするとはw

 

父の兄も借金をこさえて逃亡しているって・・・・血筋なのでしょうか。

ちなみに秀宜が明かしたところによると、母弘子さんのお姉さんは統合失調症で亡くなっています(おそらくは自死)。

 

厄介者過ぎですね~。驚きました。

 

★オマケ

管理人は大西ブログをひたすら掘り起こしている訳ですが・・・・大西秀宜がこんな記事をアップしてきました。

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/555-f176.html

記事タイトル:私のブログを2時間以上かけて555ページ以上読み続けとるヒトがおる

内容を一部抜粋

コレ、どういう意図かワカランけど、こんだけ読み続けるって、私のことをバカと思ったらできんやろ。

 

ブッブー!バカアホマヌケキチガイだと思って閲覧してましたw

本当に大西秀宜ってバカですよね~・・・・・・。そんな大西ブログを2時間で555ページ以上も閲覧する僕も彼と同じくらいバカなのでしょうが・・・・♪

« 大西秀宜の2013年。 | トップページ | 雑談掲示板♪おーにっちゃんを語ろう part 1 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

大西富士弥の性格は大西ヒデブと瓜二つなアスぺでしょうねw
足立区民可哀そう

おーにっちゃんのブログより面白いよなぁ。
読み手の事を考え、簡潔に纏めながらもわかりやすいよな。
おーにっちゃんのブログはただ長いだけで、何が言いたいのか全く理解出来ずただ言いたい事を書いてるだけだからなぁ。

遠い知り合いにもいるけど、基地外は一族郎党、遺伝するんですなぁ~。
我が家は特に優秀な遺伝を引き継いでいるわけではないけど、こういう基地外を見ると
普通ということがどれだけありがたいことなのか、
神様に感謝致します。

伯父さんの性格を受け継いでいるわけですね、あいつ…

伝説の革命家が、我慢できずに、またまた岩田のストーカーをしようとして、警察が出動したらしいな。
警察も話の通じない革命家相手にご苦労なこったな。

こんなKICHIGAIが、大手を振って暮らしていけるなんて、日本は平和だな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大西秀宜の2013年。 | トップページ | 雑談掲示板♪おーにっちゃんを語ろう part 1 »